屋根材の種類

屋根材は素材や形状、メーカーなどによって様々な種類があり、それぞれに価格や耐久性、重量、デザインなどの特徴や、素材や製品ごとのメリット・デメリットがあります。
屋根材といえば、伝統的な日本家屋や神社仏閣などで昔から使われている陶器瓦がおなじみですが、最近は耐久性や施工性を高めるため、金属やセメントを加工した屋根材がよく使われています。
ここでは一般的な屋根材としてよく使われる「陶器瓦」「スレート(セメント瓦)」「アスファルトシングル」「金属瓦」の4種類をご紹介します。以下は屋根材の簡単な比較です。

屋根材の種類 陶器瓦 スレート(コロニアル) 金属瓦 アスファルトシングル
耐久年数 50年~100年以上 30年程度 20~30年程度 30年程度
重量 重い やや軽い 軽い 軽い
施工費用(1㎡あたり) 11,000円~ 約6,000円~ 約8,000円~ 約7,000円~

陶器瓦

陶器瓦伝統的な日本家屋や神社仏閣などの屋根材として昔から使われている陶器瓦は、雨水や太陽光の影響を受けないので劣化しにくく、メンテナンス不要で半永久的に使えることが特徴です。
ただし、屋根材としては非常に重いので地震や台風などの災害に弱く、施工費も高くなります。

新規施工費 約11,000円~/1㎡
重量 重い
耐久性 50年~100年以上
メリット 耐久性が高く半永久的に使える
陶器なので雨水や太陽光で劣化しない
遮音性が高い
デメリット 初期費用が高くなる
重いので地震などの災害に弱い
台風などで瓦が飛ぶことがある

スレート(コロニアル)

コロニアル屋根スレートは薄い板状の岩を加工した屋根材で、最近の新築住宅によく使われています。天然岩のスレートをはじめ、石綿スレートやセメントから作ったセメント系スレートなどがあります。
以前は石綿(アスベスト)を使用したスレートが主流でしたが、アスベストが悪性の肺中皮腫(がん)の原因となることが判明したため、現在は石綿を一切使用しない無石綿スレートが主流になっています。
陶器瓦よりも軽く、施工しやすいのが特徴です。価格も瓦と比べて安価なので、施工費用を抑えることができます。ただし、薄いので瓦よりも割れやすく、塗料のメンテナンスが必要です。

新規施工費 約6,000円~/1㎡
重量 やや軽い
耐久性 30年程度
メリット 陶器瓦より安く施工費用を抑えることができる
シンプルでスリムなデザイン
比較的軽いので施工しやすい
デメリット 塗料が劣化するのでメンテナンスが必要
薄いので瓦よりも割れやすい

金属屋根

金属屋根金属屋根は工場や倉庫によく使われるトタン板から、アルミや鋼板、フッ素樹脂をコーティングした複合鋼板など種類は様々です。最近は耐久性が高く、デザイン性もあるガルバニウム鋼板の金属屋根が増えています。
金属屋根は錆びやすいのが欠点ですが、複合素材の金属屋根は加工性に優れ、耐火性や耐久性も高くなっています。また、金属屋根は軽いので施工しやすく、地震などの自然災害にも強くなります。

新規施工費 約8,000円~/1㎡
重量 軽い
耐久性 20~30年程度
メリット 屋根材の中で最も軽い
金属なので丈夫で耐火性に優れる
屋根が軽くなるので地震に強い
デメリット 経年で錆が発生する
薄いので雨音が響きやすい
メンテナンスが必要

アスファルトシングル

アスファルトシングルアスファルトシングルはアメリカやカナダで普及している屋根材で、ガラス繊維の基材にアスファルトをコーティングし、砂粒を吹き付けて表面を着色しています。
瓦と違って鮮やかな色合いのアスファルトシングル屋根材が多く、西洋風の洗練された見た目が特徴です。また、薄くて柔らかいシート状の屋根材なので施工しやすく、曲面にも貼ることができます。

新規施工費 約7,000円~/1㎡
重量 軽い
耐久性 30年程度
メリット 薄くて柔らかいので施工しやすい
洗練された見た目と西洋風のデザイン
割れや錆がなく防水性が高い
デメリット 施工に釘や接着剤が必要
劣化すると表面の砂粒が落ちてくる
薄いので台風や強風に弱い

お見積り無料緑1バナー
塗装サイトへ 屋根工事サイトへ
画面上部へスクロールする