防水工事

防水工事
防水工事とは、屋根やベランダ・バルコニーといった建物外部からの漏水を防ぐための工事です。
建物は常に雨風にさらされており、建物の大敵である水分が内部に侵入しないように、日ごろから点検やメンテナンスを行うことが大切です。
もし建物内部に雨漏りが発生したり、水分が侵入すると、木造建築の場合は柱や梁が腐食し、鉄骨造の場合はサビが生じるため、建物がどんどん劣化し強度が落ちていきます。
また、水分による湿気は壁や天井のシミとなり、内装を劣化させて美観を損ねます。さらに健康上の問題として、ダニやカビの発生原因となるので、ぜんそくやアレルギーをお持ちの方には大変住みづらい建物になりかねません。
建物の防水は、建物の寿命を伸ばすだけでなく、そこで生活する人々の健康にも大きく影響します。

建物の防水事情

最近の建物は設計上の自由度が大きく向上し、様々なデザインの住宅やビルが建築されるようになりました。
広々としたベランダやバルコニーをはじめ、採光性の高い屋根、モダンなデザインの外観、最近は地球環境に配慮し、太陽光パネルを屋根に設置している住宅も増えています。
こういった機能性・デザイン性の高い建物は、どうしても金具や接続部分を多用するため、水分の侵入を防ぐという観点で見ると弱点が増える傾向にあります。このため、適切なタイミングでメンテナンスや防水工事を行うことが重要になります。
まずは防水をする場所のバルコニー、ベランダ、屋上の違いをご説明したいと思います。

名称 内容
バルコニー 室外に張り出した屋根のない手すり付きの台。ほとんどが下の階の屋根の上の部分にあたります。
ルーフバルコニー 下の階の屋根を上階の庭として使うもの。バルコニーの広いもの。
ベランダ 外に張り出した縁のことで、屋根のあるもの。雨でも洗濯物が干せます。
屋上 最上階の屋根の部分が平らな床になっている部分の事。

バルコニー、ベランダ、屋上などは雨が入る場所です。すぐ下が家なので、雨の進入を防ぐ必要があります。塗装をしただけでも保護の効果はありますが、防水効果は高くありません。新築当初はきれいでも年月とともに塗料は劣化します。劣化した箇所から水が入ってきてしまい、雨漏りの原因となります。
大切な家を守るために、防水機能を備えることが非常に重要となります。

三角屋根と平屋根(陸屋根)

屋根には様々な形状がありますが、大きく分けると三角屋根と平屋根の2種類になります。
三角屋根は、戸建て住宅では一般的な屋根の形状です。三角屋根はシンプルかつ勾配があるので、雨水がスムーズに下まで流れ落ちます。
旧来の瓦屋根は経年劣化による雨漏りが発生しやすいため、定期的に防水工事を行うことが必要です。
平らな屋根は陸屋根とも呼ばれ、ビルやマンションだけでなく、屋上にベランダが設けられている住宅にも用いられます。一見平らに見えますが、排水を考慮しわずかに傾斜がつけられています。
しかし、平屋根は三角屋根と比べて排水性能が低く、雨漏りや漏水が発生しやすい構造です。

ベランダ・バルコニー

ベランダやバルコニーは常に外気にさらされ、雨風の影響を受けていますが、その利用目的上、排水のため傾斜をつけることは難しく、水が溜まりやすい構造になっています。
マンションのベランダやバルコニーは建物に入り込んでいるため、雨風の影響をそれほど受けませんが、壁や仕切りに囲まれているため排水が困難です。
住宅のベランダやバルコニーは建物外部にあるため、排水は比較的容易ですが、常に雨風にさらされるため、漏水や雨漏りなどのリスクが高まります。

太陽光パネル・太陽熱温水器

最近は環境に対する意識の高まりや、電力買取制度の整備もあり、屋根に太陽光パネルを取り付けて発電する住宅が増えています。また、太陽熱温水器を屋根に設置すれば、光熱費を節約することも可能です。
しかし、屋根や建物に対する知識を持たないままこれらの機器を設置すると、屋根を壊したり水漏れが発生する場合があります。屋根に重量物を設置するときは、屋根の構造をよく知る専門業者に依頼する必要があります。
一度設置した太陽光パネルは、補修や撤去に多額の費用がかかるだけでなく、安易な設置で雨漏りや漏水が発生すると、建物がどんどん劣化していきます。

防水工事の種類

屋根・屋上の防水工事には様々な種類があり、各工法によってメリット・デメリットがあります。 一般的に用いられる防水工事は、大きく分けるとFRP防水、シート防水、ウレタン防水、アスファルト防水の4種になります。
塗装 群馬 前橋 防水工事についてバナー

防水工事の種類 寿命 場所
シート防水 12年~15年程度 屋上がオススメ
ウレタン防水 10年~13年程度 どんな建物でもOK
FRP防水 10年~13年程度 ベランダがオススメ
アスファルト防水 15年~20年程度 広い屋上(大型ビルなど)

シート防水

シートを貼り付けて雨水の浸入を防ぐ防水工事
シート防水とは、その名の通り防水性のあるシートを敷いて、雨水の侵入を防ぐ防水工法です。
防水シートは一般的にゴムシートと塩化ビニール製のシートがあり、どちらも伸縮性と対候性があり、多少のゆがみや段差にもフィットして密着するので、高い防水性を長期間保つことができます。
シートは柔らかく、カッターで切断できるので作業性も良好です。また、塗料のように塗る必要がないので、広い面積でも早い施工が可能です。
シート防水は歩行や重量物による摩耗にもある程度まで耐え、塗料のように剥がれることがないので、ビルやマンションの屋上に向いた防水工法です。
ただし、防水シートは非常に薄く、台風による飛来物や重量物のずれ、突起のある構造物の倒壊によって、穴が開いたり破れたりしやすいという欠点があります。
以前のシート防水は加硫ゴムシートやブチルゴムシートがよく用いられましたが、現在は雨水や紫外線にも耐え、トップコートによる仕上げ塗装も不要な塩化ビニール製の塩ビシート防水が主流です。
また、夏や冬の温度差にも影響されず、安定した柔軟性を長期間保つ全天候型のシートもあります。 では、ゴムシート防水と塩ビシート防水の特徴とメリットを見てみましょう。

ゴムシート防水

ゴムシート防水は、シート状に成形した合成ゴム系の防水シートを、接着材やテープなどで下地に貼り付ける防水工法です。
メリット
ゴムは温度による変化が少ないので、施工地域に制限が少なく耐久性も高いです。
シート状なので短工期・低コスト、また軽量なので木造住宅にも向いています。
デメリット
まず、しっかり接着するために平らな場所ではないといけないので、複雑な面には向いていません。そして、シート同時を貼り合わせるので、接着剤で防水するような形になるため紫外線でシートが劣化します。

塩ビシート防水

塩ビシート防水は、塩化ビニール樹脂の防水シートを接着材などで貼り付ける工法です。現在は塩ビシートが主流です。
メリット
紫外線や熱などに優れた耐久性をもちます。シートは柔らかく曲げやすいので、施工しやすく下地の撤去の必要がないので、改修工事に最適です。
デメリット
塩化ビニールは硬い素材のため、柔らかくするために可塑剤が添加されています。それが気化してしまうと硬くなり、割れやすくなります。耐久年数は10年~15年くらいです。

シート防水の施工方法

シート防水工事の施工方法は、接着剤で貼り付ける密着工法と、固定用の金具を用いる機械式固定方法の2種類があります。

密着工法

接着剤で防水シートを貼り付ける密着工法は、下地とシートの両方に接着剤を塗り、シートを貼り付けてハンドローラーで圧着していきます。
シートを直接下地に貼り付けるので、比較的短期間で完成し、特別な設備や工具を使わなくても施工できます。
下地に密着しているので耐風圧性があり、台風などの災害にも強い工法ですが、地震や風圧による揺れによって下地に亀裂が入ると、シートが割けたりシートの継ぎ目から水漏れすることがあります。
下地の処理が不十分だとシートが密着せず、膨れや剥がれの原因となるので、事前に下地の清掃や、プライマーやモルタルを塗布して下地処理を行います。

機械式固定方法

機械式固定方法は接着剤を使わず、固定ディスク等を用いて防水シートを屋上の下地に固定する工法です。脱気工法や通気工法、絶縁工法と呼ばれることもあります。
密着工法はシートと下地の間が密着して水分の逃げ場がないため、経年劣化によって防水層が膨れ、衝撃を受けるとシートが破れることがあります。その欠点を克服するため、新たに開発されたシート防水工法が機械式固定方法です。
機械式固定方法は下地と防水シートの間に通気性のある絶縁シートを挟んで固定するため、絶縁シートから水分や湿気を逃して防水層の膨れを防ぐことができます。
下地の亀裂やダメージを完全に処理する必要がなく、既存の防水層はそのままにして施工ができるので、工期を短縮して費用を抑えることができます。

シート防水の特徴や施工方法、メリット、デメリットの詳細は、以下のページをご覧ください。
防水工事で雨漏りを防ぐ シート防水の施工方法

ウレタン防水

ウレタン防水
液状のウレタン樹脂を塗布し、下地の凹凸や形状に左右されない防水層を作る工法です。
ウレタン樹脂は塗料のような液体なので、ペンキのように刷毛やローラーで施工することができます。大掛かりな作業や工法を必要とせず、低コストで均一な防水層を形成することができます。
劣化してもすぐに塗り直しが可能で、すばやく補修することができます。下地の状態や形状に左右されず、複雑な場所でもウレタン樹脂を塗るだけで施工できるので、どんな屋根や屋上でも対応できる工法です。
また、広範囲のコストパフォーマンスはウレタン防水が一番優れ、リフォームの防水にもよく用いられます。

特徴

ウレタン防水はFRP防水のようにガラス繊維や樹脂は使わず、シート防水のようにシートで防水層を作るわけでもないので、他の防水工法と比べて防水性能が劣るようなイメージがありますが、ウレタン防水には他の防水工法にはないメリットがたくさんあります。
メリット
ウレタン防水はウレタン樹脂を塗布するだけで施行できるので、施工費用が安く、短期間で工事が終わります。ビルやマンションのような面積の大きい場所では、施行コストも重要な要素です。
液体なので下地の形状になじみやすく、屋上やベランダなど、場所を問いません。そのため、凹凸のある場所や小さなすき間、複雑な場所にもウレタン樹脂が流れ込んで、確実に防水することができます。
施工後の補修も簡単で、既存の防水層があってもその上から塗ることができます。
デメリット
とくにはないのですが、耐久年数が比較的短めです。しかし、塗り重ねることにより、解決できます。

ウレタン防水の工法

ウレタン防水工事には工法が3種類あり、現場によって通気緩衝工法、密着工法、絶縁工法を使い分けます。
ウレタン防水は単にウレタン樹脂を塗布するだけでなく、屋根や屋上の状況によって適切な工法を選択する必要があり、経験のない業者が適当に施工すると、すぐにひび割れや防水層の劣化が生じ、雨漏りの原因となります。
通気緩衝工法は、湿気や水分を含む場合に用いられる工法で、まず通気性のあるシートを張り、脱気盤または脱気筒を設置して、その上にウレタン樹脂を塗布する工法です。 防水層の下に空気や水分が流れる層を作り、下地の換気ができるようになっています。
下地に影響されず、換気によって防水層の膨れや亀裂を防ぐので、耐久性に優れた工法です。耐用年数は15~20年です。
密着工法は、新築の建物や、それほど年数が経っていない建物に使われます。 屋根や外壁にウレタン樹脂塗料をそのまま塗り、補強用のメッシュシートを組み合わせて仕上げることで、高い防水機能を発揮します。
下地にウレタン樹脂塗料を塗ってから、メッシュシートを貼ったその上に、ウレタン樹脂塗料を塗るという2層構造で、しっかりとした防水層を作ります。耐用年数は10年~15年です。

ウレタン防水の特徴や施工方法、メリット、デメリットの詳細は、以下のページをご覧ください。
ウレタン防水で屋根・屋上・ベランダの雨漏りを防ぐ

FRP防水

FRP防水
FRP防水はガラス繊維を下地に使い、その上にポリエステル樹脂を塗布して硬化させる工法です。防水工法の中では一番頑丈と言われています。
樹脂だけでなく強靭なFRP繊維を組み合わせて屋根上を覆うため、軽量でありながら衝撃に強く、長期間の摩耗にも耐えるので、しっかりした防水層を構築することができます。
ポリエステル樹脂は凹凸のある場所にも対応し、すぐ硬化するため短期間の施行が可能で、タイトな工期の現場でよく用いられます。
一般的な防水塗料の仕上げに似ていますが、FRP防水のほうがはるかに丈夫で、長期間の防水効果があります。

特徴

FRPとは、繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastics)の略称で、ベースの繊維と樹脂を複合させて、単体のプラスチックだけでは実現できない強度と耐久性を持たせた素材です。
ベースの繊維にはガラス繊維が用いられますが、さらに強度が必要な場合は、炭素繊維を用いることもあります。その上から塗布する樹脂には、ポリエステル系、エポキシ樹脂系、フェノール樹脂系などの熱硬化性樹脂が用いられます。
FRP防水を施工する際は、樹脂に硬化剤を混ぜて発熱させながら作業を進めていきます。樹脂に硬化剤を混ぜてしばらくすると固まるので、一度に塗布できる量は限られています。そのため、小分けに作業するのが一般的です。
メリット
軽量で耐久性に優れています。乾くのが早いので施工日数も短くてすみます。
FRPは樹脂とガラス繊維の複合材なので、基本的に劣化や腐食はほとんどありません。太陽光による紫外線で劣化しますが、それを防ぐためにトップコートという塗料を10年ごとに塗り替えてメンテナンスを行います。
適切なメンテナンスを行えば、FRP防水は25年~30年程度は持ちます。
FRPは重量物に耐えられる強度があり、自動車の走行や駐車で重量がかかる立体駐車場や屋外駐車場の防水工事にも用いられます。スーパーやショッピングセンターの屋上に駐車場がある場合は、ほとんどがFRP防水です。
また、水漏れが許されない貯水槽やプール、浴室にも使われます。
デメリット
紫外線が長時間当たると、劣化してひび割れを起こします。およそ10年ごとに防水層を守るメンテナンスとして、トップコートの塗り替えが必要になります。
また、FRP防水の施工価格は、ウレタン防水やシート防水より丈夫な分、平米あたりの単価が高くなります。
しかし、FRP防水は耐久性が高く、ウレタン防水やシート防水よりも長持ちするので、1年あたりの単価や補修費用も含めて考えると、それほど高いとは言えません。

FRP防水の特徴や施工方法、メリット、デメリットの詳細は、以下のページをご覧ください。
FRP防水はひび割れや劣化に強い防水工法

アスファルト防水

特徴

アスファルト防水とは、合成繊維不織布にアスファルトを含ませコーティングしたシート状の防水上(ルーフィングと呼ぶ)を貼り重ねて形成する工法です。
メリット
アスファルトを染みこませているので、防水性が高くコストもそれほどかかりません。
保護モルタルで押さえれば耐久性も高くなり、メンテナンスの回数も減ります。
デメリット
高熱で溶かすので、施工中に臭いが発生します。重くなってしまうため、木造住宅には向きません。

屋根の防水工事はアサヒペイントへ

防水は屋上をはじめ、建物のいたるところに使われており、皆様の建物を守っています。その防水には様々な種類があり、それぞれの材料が特徴を生かして用途に応じて使われています。
漏水は建物内部に損害をもたらすだけでなく、建物の耐久性能が著しく低下し始めます。
その他にも、住宅の屋根・外壁・ベランダなど、雨や水の浸入の可能性がある部分には防水工事を行ないましょう。防水工事を行なうことで、建物の寿命を長くすることができます。
どんな事でもお気軽にアサヒペイントへご相談下さい。

お見積り無料緑1バナー
塗装サイトへ 屋根工事サイトへ
画面上部へスクロールする