屋根工事の種類

屋根工事の種類
アサヒペイントでは、各種屋根工事や屋根リフォーム、雨漏りの補修など、あらゆる屋根の工事に対応できます。屋根のことは私たちにお任せください。経験豊富なスタッフが皆様のお住まいの屋根を守ります。
普段の生活の中でじっくりと屋根を見ることなんてなかなかありませんよね。自分のお住まいであっても、高くて見にくいのでよほどのことがない限り、気にすることは少ないと思います。
また強風などの後、気になることがあっても、屋根にのぼることは危険なのでお勧めできません。屋根にのぼってみても、専門知識がなければ状況を判断することは難しいでしょう。
屋根工事はその屋根の形状や使われている屋根材により小規模から大規模工事まで様々あります。必要な屋根工事は屋根の調査をした上でご提案させていただきます。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事これまでの屋根を解体し、新しい屋根に葺き替えます。屋根リフォームの中では最も大規模な工事です。
瓦屋根やスレート(コロニアル・カラーベスト)、金属(ガルバリウム)とさまざまな屋根の葺き替えを行っております。
これまでの屋根を解体し、新しい屋根に葺き替えます。防水紙やその下にある野地板などもメンテナンスしますので、安心が長続きいたします。
メリット:長期保証があるので安心 デメリット:廃材処理費が結構な出費になります。

屋根葺き替え工事の詳細はこちら

屋根カバー工法

屋根カバー工法これまでの屋根に新しい屋根を被せるのが屋根カバー工法です。
これまでの屋根を解体しないので、廃材がほぼ出ません。人気の屋根リフォームですが、施工できる屋根と屋根材が限られています。こちらも環境負荷が低い屋根リフォームです。
メリット:屋根が二重になるので断熱性と遮音性がアップ デメリット:屋根が重くなるので耐震性や減震性の面で不利になる

屋根カバー工法の詳細はこちら

シーガード工法

シーガード工法シーガードは耐久性・対候性に優れた鋼板をあらゆる環境において優れた強度を持つ接着剤でコロニアル(化粧スレート)屋根をリフレッシュする画期的な屋根カバー工法です。
既存の屋根にビスなどで穴をあけないシーガード工法は、施工中の雨もりの心配もなく、施工後美しくかつ優れた性能を提供できます。
シーガード工法は、既存屋根に穴を開けない工法古いコロニアル(化粧スレート)の上に専用の強力接着剤で張り合わせるため、既存屋根にストレスを掛けず、高い耐久性の鋼板に美しくリフレッシュできます。
シーガードは塗装と同じく「既存コロニアル面と高さが変わらなく仕上がる」シーガードは塗装と同じく「既存コロニアル面と高さが変わらなく仕上がる」ため、今までの屋根にジャストフィットして、屋根材本体以外の周辺板金は今までの板金を使用することができます。

シーガード工法の詳細はこちら

屋根塗装工事

屋根塗装日光や風雨に曝されている屋根には塗装が必要なものもありますが、屋根を塗装すれば、美観はもちろん防水性・耐候性がアップします。
スレート(コロニアル・カラーベスト)や金属屋根、セメント瓦などの屋根は定期的に塗り替えをすることによって美観の保持だけでなく、寿命を延ばすことができます。
メリット:定期的に行うことで屋根が長持ちし、遮熱塗料を使用すれば暑さを軽減する デメリット:屋根材の耐用年数や寿命の関係で施工できないことがある。

屋根塗装工事の詳細は塗装専門サイトへ

屋根葺き直し工事

葺き直し工事これまで使用していた瓦や天然スレートを再利用して屋根を葺き替える屋根リフォームの方法もあります。とても環境に優しい屋根リフォームと言えるでしょう。
特に「外観を変えたくない」という方にお勧めです。防水紙やその下にある野地板などもメンテナンスして、刷新します。
メリット:これまでの屋根材を再利用するので環境に優しい デメリット:予備用の瓦が必要なので廃板だと施工ができない

屋根葺き直し工事の詳細はこちら

屋上・ベランダ防水工事

屋上・ベランダ防水防水工事というと一般的なお住まいには縁がなさそうに思えますが、ベランダやバルコニーからの漏水を防ぐために必要です。
陸屋根や屋上のあるお住まいは定期的な防水工事が必須です。ベランダ・屋上などの防水工事で雨漏り・漏水を予防しましょう。
メリットは定期的に行うことで漏水を防ぎますが、通気緩衝工法の場合、脱気筒が邪魔になることがあるというデメリットがあります。

屋上・ベランダ防水工事の詳細はこちら

雨どい工事

雨どい工事屋根の雨水を集水して速やかに排出するのが雨樋の役目です。雨樋がないと軒先から流れ落ちる雨水で建物の周りに溝が出来たり、泥跳ねなどによってお住まいを傷める原因となります。
雨樋の不具合はお住まいの傷みに直結するので、目立ちませんが大切な部分です。新品へ交換すれば雨の日も安心できます。
大きいものに変えれば、集中豪雨でも溢れ出す可能性が低くなりますが、2階の雨樋工事は足場が必要となるため仮設費用が高くなります。

雨どい工事の詳細はこちら

棟板金工事

棟板金工事主にスレート(カラーベスト、コロニアル)屋根や金属屋根の棟に使われている板金は強風で最も被害が出やすい部分です。飛散してしまうと危険ですし、ご近隣に迷惑をかけてしまうこともありますから、被害が出る前に交換してあげるのが理想です。
他にも傷みが出ている場合は思った以上に修復費がかかることもありますが、樹脂製のものに交換すれば風に強い棟板金にできます。傷んだ棟板金は新しいものに交換して、屋根の強風対策を行いましょう。

棟板金工事の詳細はこちら

瓦屋根・漆喰工事

漆喰工事瓦を固定し、支えているのが漆喰です。瓦の寿命は50年以上と言われていますが、漆喰はそれよりも早く劣化してしまいます。漆喰の劣化は瓦のずれや落下に繋がりますので、定期的に補修が必要です。
漆喰の状況により、漆喰の詰め直し工事、漆喰の積み直し(棟瓦の取り直し)工事があります。
漆喰の劣化は瓦のずれや落下に直結します。漆喰補修で強い屋根を作りましょう。瓦がずれている場合は棟瓦を積みなおさないといけない場合がありますが、補修を早め早めに行えば、棟全体を積み替えずに瓦のずれ・落下を防止できます。

漆喰工事の詳細はこちら

 

お見積り無料緑1バナー
塗装サイトへ 屋根工事サイトへ
画面上部へスクロールする