外壁塗装と屋根塗装の時期と必要性

塗り替えのタイミングをセルフチェック!

お住いの外観を保つには定期的に屋根や外壁の塗装を行なう必要があります。

「屋根塗装はいつすればいいの?」「家がどうなったら塗装すればいいの?」

なぜ塗装が必要なのか、屋根塗装と外壁塗装のタイミングや判断基準を紹介します。

塗り替え時期は

1.新築から10年経過したら

一般的に塗装は10年に一度と言われています。
この時期を過ぎると日当たりの良い壁の色が褪せたり、日陰にはコケやカビが発生したりします。
塗装の時期を後伸ばしにすると、劣化、風化が進んで塗装前に修理する箇所が増えてしまい余計にお金が掛かってしまう可能性が有ります。

ですので、塗装は築10年で行なうタイミングをおススメしています。

2.2回目以降は、前回塗装した塗料の耐用年数が経過したら

既に塗装をしたことがある場合は、前回使用した塗料の耐用年数によって時期か変わります。

塗料の種類と耐用年数
塗料 耐用年数
アクリル 3~5年
ウレタン 6~8年
シリコン 8~10年
フッ素 15~20年
無機 15~25年

前回した塗料が分からない場合は、下記の症状や当社の無料点検をご利用ください。

外壁塗装の判断基準

築年数や前回の塗装時期以外に、実際の劣化症状で確かめることができます。

1.塗膜の劣化(チョーキング現象)

外壁チョーキング
外壁を手で擦ると粉が手に付く
紫外線や雨等により塗装表面が劣化して粉状になることをチョーキングといいます。壁本来の耐久性や防水性が低下しています。チョーキング現象が起こったら塗り替えサインです。

2.コーキングのひび割れ

外壁コーキングヒビ割れ
コーキングがひび割れたたり裂けている

外壁コーキングにすき間
コーキングが剥がれてサイディングボードにすき間ができている

サイディング外壁のボードとボードのすき間を埋めているゴム状のコーキングは、地震などの揺れを吸収するしてくれます。
しかし、紫外線などで徐々に劣化してくるとひび割れしてきます。
ひび割れをこのままにしておくと、その隙間から雨水などが侵入してお家にダメージを与えてしまいます。

3.外壁のひび割れ

モルタル外壁のひび割れ
モルタル外壁のひび割れ

紫外線や雨による劣化が進みひび割れがおこります。
小さなひび割れも放置すると広がってしまうので補修しましょう。
ヘアークラックと呼ばれる細かいひび割れなら、ほとんど塗装で埋まります。塗料で埋まらないひび割れはコーキング剤等で補修してから塗装します。

4.外壁のコケ・汚れ

外壁のコケ・汚れ
サイディングボードのコケ

塗料の防水効果が低下すると、コケやカビが発生してきます。日当たりが悪い北面などに多く見られます。
コケや汚れと一緒に、劣化した塗膜を洗浄してから塗装します。

屋根塗装の判断基準

1.色褪せ

コロニアル屋根色褪せ
屋根材の塗装が劣化してくると色が褪せてきます。こうなると水を弾かなくなってくるので塗装時期です。

2.コケ

屋根にコケ
屋根材の塗膜が劣化して防水機能が低下してくると、水はけが悪くなりコケなどが発生します。

3.金属屋根のサビ

トタン屋根サビ
屋根材の表面の塗膜が劣化して、下の金属部分からサビが発生している。

4.屋根材のひび割れ

コロニアル割れ

ひび割れの隙間から雨水が侵入します。雨漏りの原因になるので修理が必要です。

 

外壁塗装と屋根塗装のタイミングや判断基準を紹介しました。

ひとつでも当てはまれば塗装するサインです。
そのまま放って置くと雨漏りの心配や、より多くの費用がかさんだりしてしまいます。

「我が家にもこの症状がある」と気づいたら、専門業者に点検依頼して、現状を確認しましょう。

専門業者は、一般の方には危険で点検できない2階部分や屋根も調べることができますので安心です。

当社では無料点検を実施していますのでお気軽にお問い合わせしてください。

お見積り無料緑1バナー
画面上部へスクロールする