火災保険で屋根修理ができる被害の種類と申請方法

火災保険で屋根の修理や塗装などのリフォームはできるの?

ここ数年、台風やゲリラ豪雨、猛暑、大雪などの異常気象が続いています。それに伴い自然災害による住宅の被害も増加しています。

ただでさえ群馬県は、夏のゲリラ雷雨、冬の強風が沢山発生する土地柄です。

皆さんの大切なお住い、最も被害を受けやすいのが屋根です。強風で屋根が飛ばされたり、大雨で雨漏したり被害に遭い易い場所です。

火災以外にも補償されます

弊社にもお客様から、一年を通して自然災害による修理のご相談を沢山いただいております。
その際、「火災保険」に加入されている場合は、保険を使って修理するご案内とお手伝いをさせていただいております。

ここでは、火災保険でどのような災害や被害が火災保険の補償対象になるのか?保険申請の方法についてご案内します。

火災保険で修理できる代表的な事例

風による被害

台風、突風、空っ風、竜巻などの強風による風害です。

  • 強風による棟板金の剥がれや飛散
  • 強風による屋根材のずれや飛散
棟板金のはがれ 台風による瓦の落下

雪による被害

群馬県南部でも数年の一度の積雪による被害があります。

  • 雪の重みによる雨どいの歪みや破損
  • 雪の重みによるテラスやカーポートの破損や倒壊
火災保険 雨どいの破損 火災保険 テラスの破損

雹(ひょう)による被害

突然の大粒の雹(ひょう)が降りガラスやポリカに被害があります。

  • 雹によるテラス屋根の割れ
  • 雹による天窓の割れ
雹によるテラスの割れ 雹による天窓の割れ

雨による被害

自然災害による屋根などの被害が原因で雨漏りが発生します。

火災保険 雨漏り

被害の場所は、お住いの屋根に限らず、カーポート、ベランダテラス、駐輪場などに適用されます。

 

保険料は上がりません

火災保険は、自動車保険のように使用しても保険料はあがりません。また災害にあうたびに申請することができます。

 

火災保険の申請方法

自然災害の被害にあってしまったら保険申請の手続きを行ってください。申請から保険金支払いまで最短でも2週間くらいかかります。

1. 保険会社に連絡

保険契約者自身が保険会社か保険代理店に連絡して被害内容を伝えてください。
申請書類が送られてきます。

(このタイミングで弊社にご相談いただければ、保険申請の間に被害が広がらないように応急処置を行います。)

2. 保険申請書類を受け取る

保険会社から送られてきた書類を確認してください。
申請書類の中で、修理業者が作成するのが
・修理の見積書
・被害状況の写真
です。
(弊社は、無料で見積書と写真を準備いたします。)

3. 保険会社の調査

申請書類を保険会社に送ります。
保険会社は申請を受け、保険鑑定会社が現場の調査を行います。(現場の検査は無い場合もあります。)
被害ヶ所の説明や修理方法などの詳細な説明は弊社が代わりに答えますので安心してください。

4. 保険金の入金

保険会社から、保険金の支払いについての連絡があります。
保険金は契約書の口座に支払われます。
(申請した見積書よりも保険金が下回る場合もあります。)

5. 保険金で修理工事を行います。

支払われた保険金を使わず工事を行わないと、次回の保険が使えないことがあります。保険金が支払われたら速やかに工事を行ってください。

火災保険が風災としてとして認められないケース

認められないケースは、保険会社ごとに異なります。

  • 被害から3年以上経過した場合
  • 被害の金額が20万円以下の場合
  • 被害が経年劣化によるもの

経年劣化の例

経年劣化による屋根破損 経年劣化による漆喰剥がれ

火災保険の保険金の請求期限までは3年ありますが、時間が経てば被害と原因になった自然災害を説明できなくなりますので、被害にあったら速やかに火災保険の申請を行いましょう。

現地調査・申請資料作成は無料です

弊社では

  • 保険申請の間、被害が広がらないように応急処置を行います。
  • 保険会社に提出する見積書や被害写真を無料で作成します。
  • 保険鑑定会社への説明も行います。

※申請した結果、保険金が下りなかった場合でも費用はいただいておりません。
また、実際の修理においても保険金が下りてからの契約となります。
安心してお任せください。

お見積り無料緑1バナー
塗装サイトへ 屋根工事サイトへ
画面上部へスクロールする