前橋市でベランダのひび割れは要注意!FRP防水で解決

前橋市にお住いのS様のご依頼で、ベランダ防水の調査から工事までをご紹介いたします。

 

ベランダ防水ひび割れ  ベランダ床のひび割れ

ベランダの床のひび割れが日に日に増えていくので、どうしたいいかわからず心配なったということでご相談いただきました。

現地調査に伺うと、床にひび割れが何か所も入っているのが確認でき、大きなものは少ないですが、細かいひび割れがたくさんありました。
お客様からは、「雨の日にベランダ床を見ると、ひびの部分に水がしみ込んでいる」このままで大丈夫なのか不安との内容でした。

 

ひび割れの原因は経年劣化

 

ひび割れの主な原因は経年劣化です、どこのご家庭のベランダでも年数が経てばひび割れが起こります。

ベランダには水がしみ込まないように防水処理が施されていますが、一般家庭のベランダの防水はFRP防水が主流です。
FRP防水は層のように重なって仕上げられているため、紫外線があたる表面のトップコートが一番最初に劣化します。そのため表面層は固くなり縮み、ひび割れの現象がおこるというわけです。

ではなぜFRP防水が多いのでしょうか。
FRP防水はとても軽量なので、建物への負担が少なく丈夫で短期間で施工できます。
そのため一般の家庭に向いているといえます。

 

ひび割れのリスクと対処法

 

ひび割れをそのままにしておきますと、表面のトップコートだけでなく内側にある防水層も劣化して固くなってしまいます。
現状よりさらに深い部分までひび割れがはいってしまわないうちに防水のメンテナンスをお勧めいたします。

先ほどのお客様も雨が降ると、ひび割れに水がしみ込んでいくとお話しされていましたが、雨のたびにひびに水が入り込みます。
深くなっていくひび割れの奥まで水が入り込むことにより、雨漏りをおこしてしまいます。

ひび割れを止めるには、防水工事しかありません。
防水工事には表面だけ補修する方法と、一度元の防水層をきれいにしてから放水を新たにやり直す方法があります。

判断基準は築年数が10年が目安になっていますが、実際にベランダの状態がどのようになっているか見てみないとわかりません。
築年数が浅くても、ひび割れが深くなっている場合もあるため、プロに調査してもらうのが良いと思います。

今回のお客様のケースは、補修ではなく防水工事を行っています。

防水工事種類や詳細はこちらで紹介しています
アサヒペイント防水工事

 

 

前橋市のS様 FRP防水工事のご紹介

 

ベランダ表面アセトンふき

洗浄して乾燥させたのち、サンダーでケレン(研磨)し、
次に表面の油分や汚れを取るためにアセトンで拭きます。
アセトンで拭くことで、剥離予防にもなります。

 

 

 

 

 

ベランダパテ処理

次にパテ埋めをします。
かなり広範囲でパテで埋めました。

 

 

 

 

ベランダ床プライマー  ベランダ立ち上がりプライマー
下塗りのプライマーを塗布しています。
プライマーは接着剤の役目があり、床も立ち上がり部分も塗り残しのないように丁寧に塗布します。

ベランダ床ガラスファイバー  ベランダ立ち上がりガラスマット
ポリエステル樹脂を塗布と、ガラスマットを張り付け、その上からポリエステル樹脂を塗布しています。
この作業を2回繰り返します。
何層にも重ねられたガラスマットを敷くことで、防水の強度があがります。

 

ベランダ立ち上がりトップ  ベランダFRP防水完成
最後にトップコートを塗布し、しっかり乾燥させて完成です。
乾燥時間は既定の時間がありますので、きっちり守ります。
工事は2日間で完了しました。

ベランダは洗濯物を干したりする場所なので、工事期間が長いとお客様に迷惑がかかってしまいます。
通常ですと、2日間見ていただければ工事は完了いたします。

大切な家の一部であるベランダは、雨漏りすると家の中まで被害が及ぶ場合もありますので、
早めのメンテナンスを心がけてみてはいかがでしょうか。

お見積もりは無料です、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

お見積り無料緑1バナー
画面上部へスクロールする